元妻は僕のギャンブル依存症について知っていた
その上で僕はお金を管理してもらっていた。


おかげでギャンブルのリスクは最小限に済んでいたし
家庭のお金は守られていた


でも、僕は不満だらけだった
お金をもらう時はいちいち頼まなければいけないし


そもそも管理されているのが好きではなかった
頼んだのはこっちなのにね


そういうこともあって
隠れてギャンブルをするようになった


お金はいろいろ都合をつけた
借金もしてしまった


最後には家族のお金に手をつけてしまった


そのことが決定打になって
僕らは別れることになった。


今、僕は自分で家計簿をつけている
つけてみると家計も苦しかったんだなあと思う


よくやってくれていたんだなあと思った
怒ってすまなかった


もう少し、配慮があってもよかったね
ごめんなさい


今日も賭けない一日を。